INFONEEDS

Adobe、Flash Playerなどの脆弱性を修正

Adobe、Flash Playerなどの脆弱性を修正

 

■□記事抜粋:ITmedia□■

米Adobe Systemsは5月8日、Flash PlayerとCreative Cloud Desktop Application、及びConnectの脆弱性を修正するセキュリティアップデートを、それぞれの製品向けに公開した。

Adobeのセキュリティ情報によると、Flash Playerの更新プログラムでは、1件の深刻な脆弱性に対処した。悪用されれば任意のコードを実行される恐れがあり、危険度は3段階で最も高い「クリティカル」、優先度はWindowsとMacで「2」に分類している。

脆弱性を修正した最新版の「Flash Player 29.0.0.171」は、Windows、Mac、Linux、Chrome OS向けにリリースされた。

一方、Creative Cloud Desktop Applicationでは「クリティカル」指定を含む3件の脆弱性を、Connectでは「重要」指定の1件の脆弱性をそれぞれ修正した。優先度はいずれも「2」に分類している。

 

 

 

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。