INFONEEDS

Facebookの個人情報不正流用のCambridge Analytica(CA)が破産申請

Facebookの個人情報不正流用のCambridge Analytica(CA)が破産申請

 

■□記事抜粋:ITmedia□■

米Facebookの個人情報不正流用スキャンダルの渦中にある英調査会社Cambridge Analytica(CA)が5月2日(現地時間)、破産申請したと発表した。

同社は第三者がFacebookアプリで収集した個人情報を不正に購入して2016年の米大統領選でトランプ陣営のために流用したとされている。また、英メディアの覆面取材記事元従業員の英議会での証言により、自社製アプリでも個人情報を収集していたとみられている。

覆面取材でトランプ陣営をサポートしたとしてその方法を語った同社のアレクサンダー・ニックスCEOは3月に停職処分になっている。

CAは発表文で「過去数カ月にわたり、多数の根拠のない告発の対象になって」おり、「これまでの行動は完全に倫理的かつ合法的であるにもかかわらず、メディア報道のせいで事実上すべての顧客とサプライヤーを失い、事業継続が不可能だと判断した」という。

現在同社を調査中の英個人情報保護監督機関であるICO(Information Commissioner’s Office)は同日、「CAが営業を停止しても、民事犯罪捜査を継続し、個人および取締役の追及を続ける」という声明文を発表した。

 

 

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。