INFONEEDS

米博物館の「ビデオゲームの殿堂」に「ファイナルファンタジーVII」など選ばれる

米博物館の「ビデオゲームの殿堂」に「ファイナルファンタジーVII」など選ばれる

 

■□記事抜粋:ねとらぼ□■

おもちゃやビデオゲームを展示する米ストロング国立演劇博物館が、2018年の「ビデオゲームの殿堂」を発表しました。スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジーVII」などが選ばれています。

「ビデオゲームの殿堂」は2015年に同博物館がスタートしたもの。ある程度の期間人気を博し、ビデオゲーム業界やポップカルチャー、社会に影響を与えたゲームを、プラットフォームを問わず選んでいます。これまでに「スーパーマリオブラザーズ」「ポケットモンスター 赤・緑」(任天堂)、「ストリートファイターII」(カプコン)など日本のゲームも選ばれています。

今回はFF7の他、1962年に米マサチューセッツ工科大学の学生が作った「スペースウォー!」、アメリカンフットボールゲーム「John Madden Football」(Electronic Arts)、映画化もされた「トゥームレイダー」(Core Design)が選ばれています。

ファイナリストには「Call of Duty」「Dance Dance Revolution」「メトロイド」「Minecraft」なども挙がっていました。

 

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ねとらぼ

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。