INFONEEDS

Facebook傘下のWhatsApp創業者が退社へ 個人情報保護で対立との報道

Facebook傘下のWhatsApp創業者が退社へ 個人情報保護で対立との報道

■□記事抜粋:ITmedia□■

米Facebook傘下のWhatAppの共同創業者でCEOのジャン・コウム氏が4月30日(現地時間)退社すると発表した。「しばらくはテクノロジーと無関係のことをして休む」と自身のFacebookで語った。
この投稿の10分後にはFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOが「ジャンからは暗号化や人々に力を与える方法についてなど、多くを学んだ。こうした価値はこれからもWhatsAppの中心にある」というコメントを付けた。

米Washington Postによると、コウム氏はWhatAppの運営方針やFacebookによるWhatsAppのユーザー情報利用などで親会社であるFacebookと対立していたという。

WhatsAppは2009年に、米Yahoo!の同僚だったコウム氏とブライアン・アクトン氏(昨年11月に退社)が立ち上げ同名のメッセージングサービス企業。Facebookが2014年に218億ドルで買収した。コウム氏は買収後も同社のCEOを務め、Facebookの取締役にもなった。

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。