INFONEEDS

世界最大のDDoSサービスが摘発される 月額わずか15ユーロで攻撃実行

世界最大のDDoSサービスが摘発される 月額わずか15ユーロで攻撃実行

 

■□記事抜粋:ITmedia□■

欧州刑事警察機構(ユーロポール)は4月25日、世界最大規模のDDoS(分散型サービス妨害)サービスを展開していた「webstresser.org」を摘発し、欧州各地の警察が複数の管理人を逮捕したと発表した。

発表によると、今回の事件ではオランダと英国の警察が「Operation Power Off(パワーオフ作戦)」を主導。英国、クロアチア、カナダ、セルビアを拠点とする管理人を逮捕した。さらに、オランダやイタリア、香港などでwebstresser.orgのサービスを利用していたユーザーを摘発するとともに、米国やドイツなどでインフラを押収した。

webstresser.orgは世界最大のDDoSマーケットプレースを展開していたとされ、登録ユーザーは13万6000人、2018年4月の時点で400万回の攻撃に利用されていた。銀行や政府機関、警察、ゲーム業界の関係者などが狙われていたとされる。

このサービスを利用すれば、特定のWebサイトやオンラインプラットフォームに大量のトラフィックを送り付けてダウンさせるDDoS攻撃を仕掛けることが可能だった。ユーザーがITに精通している必要はなく、最低で月額15ユーロの料金をオンライン決済または仮想通貨で支払えば、同サービスを利用して攻撃を実行できていたという。

捜査当局は逮捕した人物の氏名は公表していない。しかし、Krebs on Securityによれば、セルビアではwebstresser.orgの管理人だったとされる19歳の男が逮捕されたという情報がある。この男は4月3日までFacebookに写真などを投稿していたが、過去数時間で「RIP(rest in peace=安らかに眠れ、の意味)」というコメントが相次いで書き込まれているという。

 

 

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。