INFONEEDS

Googleが「広告ブロックするユーザー」から料金を回収して運営者に還元するツール「Funding Choice」の正式提供を発表

Googleが「広告ブロックするユーザー」から料金を回収して運営者に還元するツール「Funding Choice」の正式提供を発表

 

■□記事抜粋:Gigazine□■

2017年にGoogleが発表した、広告ブロックによって減ってしまった広告収入分を運営者に還元するための新しいサービスツールが「Funding Choice」です。ベータ版として試験的に提供されていましたが、2018年5月から31か国でFunding Choiceの提供を正式に開始するとGoogleが発表しました。

Helping publishers recover lost revenue from ad blocking
https://blog.google/topics/ads/helping-publishers-recover-lost-revenue-ad-blocking/

Funding Choices components and availability – Funding Choices Help
https://support.google.com/fundingchoices/answer/7074355

インターネットで運営されるサービスのほとんどが広告収入で運営されています。しかし、ウェブサイトの運営者やアプリの制作者の意図に反して、表示される広告には勝手に音楽を流すものや、強制的に10秒表示してなかなかサイトにアクセスさせてくれない迷惑な広告もあるため、広告をすべてブロックするアドオンで対応するユーザーも増えています。広告すべてがブロックされてしまうと広告収入が減ってしまうため、サイトの運営者はコンテンツを維持することが難しくなってしまいます。

Coalition for Better Adsという広告業界団体にも所属するGoogleは、Google Chromeに迷惑な広告を表示させない広告フィルタリング機能を搭載するなど、インターネットにおける広告ビジネスに積極的な取り組みを見せています。そんな中でGoogleが発表したFunding Choiceは、広告をブロックしている訪問者に対してコンテンツへのアクセス制限を3段階から選んで設定し、広告ブロック機能の解除か、Googleの発行する「広告削除パス」の購入を促す機能をサイトに設定できるツールとなっています。

Funding Choiceでは3段階のアクセス制限が可能。1番軽い制限は注意喚起のメッセージを表示するだけのもの。コンテンツ制限をかけていないので、広告ブロックをしている訪問者でも右上の×をクリックすれば自由にコンテンツへアクセスできます。

 

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: Gigazine

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。