INFONEEDS

丸3日インターネット接続できなくなるレベルの大規模ネットワーク障害が発生、そこから見える問題点とは?

丸3日インターネット接続できなくなるレベルの大規模ネットワーク障害が発生、そこから見える問題点とは?

 

■□記事抜粋:Gigazine□■

ヨーロッパの西部とアフリカ西岸を回る海底通信ケーブルシステムがACE(African Coast to Europe)です。2018年3月30日にACEケーブルの一部が損傷し、アフリカ西側諸国に大規模なネットワーク障害が発生しました。今回のネットワーク障害からアフリカのインターネット接続状況の問題点が見て取れるとDNSサービスのOracle+Dynが指摘しています。

ACE Submarine Cable Cut Impacts Ten Countries | Dyn Blog
https://dyn.com/blog/ace-submarine-cable-cut-impacts-ten-countries/

フランスから南アフリカまでを接続するACEは1万7000kmを超える長さを誇り、最大5.12Tbpsの通信が可能で、19の電気通信事業者・団体によって2012年12月から運用されてきました。以下の地図で、オレンジ色で描かれる線がACEケーブルです。

 

2018年3月30日、ACEからケーブルを引き入れている22カ国のうち10カ国に大規模なネットワーク障害が発生しました。以下のツイートでは、「モーリタニアの首都ヌアクショット付近でケーブルが損傷したために障害が起こった」と言及されています。

 

以下の図はACE以外の海底ケーブルシステムを利用していないシエラレオネ・モーリタニア・リベリア・ギニアビサウ・ギニア・ガンビアの接続状態を表したグラフです。シエラレオネ(上段左)のグラフを見てみると、3月30日に障害が起こってから少しずつ回復するも、4月1日で完全にネットワークが途絶えてしまっている状態が確認できます。また、損傷部分に最も近いとされているモーリタニア(上段右)では、3月30日からおよそ3日にわたって回線がほぼストップしてしまっています。一方で、リベリア・ギニアビサウ・ギニア・ガンビアは、シエラレオネやモーリタニアと比べるとケーブル損傷の影響は小さく済んでいます。これはACEに大きく依存しているシエラレオネやモーリタニアに比べ、他の4か国では海底ケーブル以外に地上のケーブルや衛星通信も利用しているためです。

 

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”en” dir=”ltr”>The Sierra Leone Cable Limited (SALCAB) says the data connection to <a href=”https://twitter.com/hashtag/SierraLeone?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#SierraLeone</a> is partly down due to the ACE Submarine cable cut in Nouakchott, Mauritania. <a href=”https://twitter.com/hashtag/SierraLeoneDecides?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#SierraLeoneDecides</a></p>&mdash; Leanne de Bassompierre (@leannedb01) <a href=”https://twitter.com/leannedb01/status/980491791588831232?ref_src=twsrc%5Etfw”>2018年4月1日</a></blockquote>
<script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

 

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: Gigazine

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。