INFONEEDS

NHK「丁寧さ欠いた」と謝罪 Eテレアニメ「ねこねこ日本史」、デーモン閣下激似オリジナルキャラ登場問題で

NHK「丁寧さ欠いた」と謝罪 Eテレアニメ「ねこねこ日本史」、デーモン閣下激似オリジナルキャラ登場問題で
該当の“デーモン風高杉”はアニメオリジナルのキャラクター。

 

■□記事抜粋:ねとらぼ□■

Eテレアニメ「ねこねこ日本史」にミュージシャンのデーモン閣下にそっくりなキャラクター“デーモン風高杉”が登場した件について3月27日、NHKとアニメの公式サイトが「デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました」と謝罪しました(関連記事)。

問題となったのは2018年2月28日に放送されたアニメ「ねこねこ日本史」第64話。高杉晋作を模したキャラクターが、デーモン閣下そっくりに描かれていました。

これについて、NHKとアニメの公式サイトは「デーモン閣下を直接的に意識させる顔の模様及び扮装をして西洋諸国との条約締結交渉に臨み、大音量でロックを奏でて交渉をまとめるという表現」がとられていたとアニメ上の状況を説明。

本来であれば「(デーモン閣下を直接的に意識させる)顔の模様及び扮装を施した上で登場させること及び演出方法について丁寧に相談等しながら進めるべき」であったところ、「これを欠いた」として、デーモン閣下と関係者に謝罪しました。なお今後については「皆様に深くお詫び申し上げると共に、今後このようなことが無いよう、一層留意してまいります」と締めくくっています。

騒動が話題になったのは3月15日にデーモン閣下が自身のブログで「名前も含めて明らかに【吾輩の姿の無断使用】である。言い逃れ不可能!」と不快感をあらわにしたことがきっかけ。同アニメはそにしけんじさん原作のマンガ『ねこねこ日本史』をアニメ化したものですが、ねとらぼ編集部の取材に対して出版元の実業之日本社は「デーモン風高杉」はアニメ版のオリジナルキャラクターであり、原作には登場しないことを明かしていました。

 

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ねとらぼ

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。