INFONEEDS

「Firefox 59」の更新版リリース、Pwn2Ownで発見された脆弱性を修正

「Firefox 59」の更新版リリース、Pwn2Ownで発見された脆弱性を修正

 

■□記事抜粋:ITmedia□■

米Mozilla Foundationは3月16日、Webブラウザ安定版「Firefox 59」の更新版をデスクトップ(Windows、Mac、Linux)およびAndroid向けに公開し、音声データ処理に関する2件の深刻な脆弱性を修正した。

Mozillaのセキュリティ情報によると、更新版の「Firefox 59.0.1」および延長サポート版の「Firefox ESR 52.7.2」では、Vorbisフォーマットの音声データ処理に関する境界外メモリ書き込みの脆弱性など、2件の問題に対処した。

Vorbisに関する脆弱性は、Trend MicroのZero Day Initiative(ZDI)が主催するハッキングコンペ「Pwn2Own」を通じて報告された。2018年のPwn2Ownは3月14日から15日にかけて開かれ、FirefoxのほかにもApple Safari、Microsoft Edge、Oracle VirtualBoxなどが破られている。

 

 

 

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。