INFONEEDS

VRChatの住人に聞く「現実は不便」のリアル バーチャルはリアルと置き換えられる

VRChatの住人に聞く「現実は不便」のリアル(前編) バーチャルはリアルと置き換えられる

 

■□記事抜粋:ねとらぼ□■

2016年の「元年」から3年目となり、ようやくキラーコンテンツが現れ始めてきたVR業界。そのトップ集団として今、国内で注目を集めているのが、VRソーシャルサービスの「VRChat」だ。ユーザー数で見ると、昨年(2017年)12月より一気に増えて、Steamspyによれば執筆時点で約370万オーナーを誇るという規模に膨れ上がっている。

サービス内容は、バーチャル空間にログインし、声や身振り手振りでコミュニケーションできるというもので、一番の特徴は自分でカスタマイズしたアバターやワールド(空間)を使える点にある。日本では、PANORAでもインタビューした「ねこます」氏のように女の子キャラになりたい人(主に男性)が殺到し、謎のカワイイ天国になっている状況だ。

そんなVRChatの有志によって10日、約20人が集まる国内初(?)のVRChatのオフ会が実施された。今、バーチャル空間で何が起こっているのか。そして、ユーザーは何に魅力を感じてVRゴーグルをかぶるのか。

 

そば屋がVRで世界に向けて日本語教室を開く新時代

オフ会の様子。会場となったのは、東京都文京区にある手打そば・田奈部。

店主である田名部(@sobatang1)氏もVRChatにどっぷりはまっている一人。毎週金曜日の朝、海外の人向けにバーチャル空間で日本語教室を開いているという、まるでSF小説のような話だ。

オフ会では、スクリーンを壁にかけて、VRChat内の様子をプロジェクターで投影。さらに隣の壁にグリーンバックをかけて……。

オフ会のVRChat内サテライト会場に、リアル側の人々の姿を投影していた。リアルとバーチャルを交錯させて交流する、非常に先進的な仕掛けだろう。

さらに3DスキャンしたアバターをVRChat内に出現させて……。

 

 

その本人がリアル側から乱入するという、もはや何が何だか分からない状態に。

 

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>リアルの人間の姿をVRChatのワールドに描画、同時にその人のリアルアバターを隣に配置してドッペルゲンガーがついに実現してしまう。ついに仮想と現実の壁が壊れ魔界への扉が開かれるッッッッッ!!!<a href=”https://twitter.com/hashtag/VRChat?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#VRChat</a> <a href=”https://twitter.com/hashtag/VRtoR%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%95%E4%BC%9A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#VRtoRオンオフ会</a> <a href=”https://twitter.com/hashtag/VRChatJapan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#VRChatJapan</a> <a href=”https://t.co/6fZrGgR4Cn”>pic.twitter.com/6fZrGgR4Cn</a></p>&mdash; 二宮明仁 / NINO (@aktona) <a href=”https://twitter.com/aktona/status/972474019671769088?ref_src=twsrc%5Etfw”>2018年3月10日</a></blockquote>
<script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

 

「ここって……そば屋!?」というガチ機材が持ち込まれたのも見所だった。

 

「リア充」ならぬ「バーチャ充」

最初に話を聞いたのが、メディアアーティストの坪倉輝明(@kohack_v)氏。以前、PANORAでも3Dスキャンしたアバター同士でVRChat内でVRオフ会を開いた際に紹介し、2月末の「VTuberハッカソン」ではVRChatで使える動画撮影スタジオのワールドを制作した人物だ。

 

坪倉氏が、VRChatを知ったのは先のインタビューでもピックアップしたねこます氏がきっかけだったという。昨年12月にバーチャルYouTuberでねこます氏がブレークし、彼がVRChatを強力に押したので興味を持った人々が数多く流れ込んで来たという経緯がある。

坪倉氏は、それよりも前からTwitterでねこます氏をフォローしていた関係でVRChatの存在は知っており、すでに3Dスキャンした自分の全身データがあったので、「バーチャル空間にリアルアバターで入ってみた」ネタをやりたかったとか。しかし、いろいろあって放置していたところ、12月の大ブレークで危機感を覚えて本腰を入れて参加するようになった。

最初の2、3日は、ハブやワールドを巡るだけで特に何もせず、何をしていいかもわからなかったが、日本人に会えたことをきっかけに話しかけたら遊びかたをいろいろ紹介してもらえた。

「今でこそアバターやワールドを制作していますが、最初はつくれることすら知らなかった。そこでまず引かれたのが、独自の文化だったんです。カワイイキャラがいっぱいいて、非日常的なところもあり、何もしなくても楽しい。キャラと戯れているだけで満たされるものがあって、癒された」(坪倉氏)

VRChatの彼(彼女?)らは、とにかくカワイイの研究に余念がない。VRゴーグルとセットで使うハンドコントローラーに割り当てている表情の出し方、耳やスカートのキレイな動かし方など、細部に渡って考え抜かれている。

「やってることが新人類なんです。この前、Twitterでアンケートをとったら、300人中4割以上は毎日4時間以上VRChatにログインしているとか。みんなで一緒に寝る『VR睡眠』や、スポーツ大会を開いてみたりとか、新しい文化がここで生まれている」(坪倉氏)

 

最近では「リア充」ならぬ「バーチャ充」なので、生活の軸をVRに移したいという。

「VRは現実と置き換えられる。世界が3次元で見られるうえ、手足もきちんと動くので、スキンシップが取れたり、普通に手でものを持ったりと、ネットゲームをデスクトップ上でやるのと感覚が全然違う。今では現実よりバーチャルの方が充実しているので、全部バーチャルに移せないかと思っている。食事や排せつさえなんとななったら、ログアウトする必要がなくなるなと。現実というワールドが不便になってきたので、みんなバーチャルで過ごそうよと」(坪倉氏)

MMORPGなどのネットゲームや、「Second Life」に代表されるメタバースで夢見られてきたバーチャル世界への移住が、身体性を伴うVRで今、現実味を帯びてきている。

 

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ねとらぼ

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。