INFONEEDS

Microsoft、Intelの修正版対策パッチをWindows 10向けにリリース

Microsoft、Intelの修正版対策パッチをWindows 10向けにリリース

 

■□記事抜粋:ITmedia□■

「Spectre」と呼ばれるCPUの脆弱性に関連し、Intelがマイクロコードアップデートの修正版をリリースしたことを受け、米Microsoftは3月1日、Windows 10向けの更新プログラムをMicrosoft Updateカタログ経由で公開した。

Microsoftによると、今回の更新プログラムは、Windows 10バージョン1709(Fall Creators Update)と、Windows Serverバージョン1709(Server Core)が対象。ユーザーは、Microsoft Updateカタログから手動でインストールする必要がある。

この更新プログラムには、IntelがSkylake H/S(第6世代Intel Coreプロセッサ)とSkylake U/YおよびSkylake U23e(第6世代Intel Core mプロセッサ)向けにリリースしたマイクロコードアップデートが含まれる。

Microsoftは今後も、Intelから提供される追加的なマイクロコードアップデートを配信していくとしている。

Spectreの脆弱性を巡っては、Intelが当初リリースしていた対策パッチに不具合が発覚したことを受け、Microsoftは1月26日のWindows向け臨時アップデートで、緩和策を無効にする措置を講じていた

 

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。