INFONEEDS

「30センチ水がたまるとドアが開かなくなるよ!」 国土交通省が遊んで学べる防災カードゲームを公開

「30センチ水がたまるとドアが開かなくなるよ!」 国土交通省が遊んで学べる防災カードゲームを公開
七並べやかるた的なルールで遊べます。

 

■□記事抜粋:ねとらぼ□■

国土交通省は2月26日、遊びながら防災について学べる子ども向けのカードゲーム「このつぎなにがおきるかな?」を公開しました。

水害や津波が発生したときに起こる危険な状況をカードゲームにしたもので、「すいがい」編(29枚)と「つなみ」編(29枚)に、表紙カードと問い合わせ先が書かれたカードを合わせた全60枚で構成されています。

例えば水害のカードでは、「ドアの外に、30センチ水がたまると、ドアが開かなくなってしまうよ!」などの注意すべき状況と、そうならないようにするための「家の周りが水に浸かる前に安全な場所に逃げよう!」などの対策をA~Dの4枚1組で解説。これらを使い、トランプの七並べに似たルールの「なにがおきるか ならべてみよう!」や、かるたに似た「とるとるカード!」等の遊び方をすることで、ゲームをしながら基本的な知識を学ぶことができます。

同カードのデータと詳しい遊び方は国土交通省のサイトにて公開中。授業で使える資料としても推奨しています。

 

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ねとらぼ

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。