INFONEEDS

Microsoft Edgeに未解決の脆弱性、Google Project Zeroが詳細を公表

Microsoft Edgeに未解決の脆弱性、Google Project Zeroが詳細を公表

■□記事抜粋:ITmedia□■
 米GoogleのProject Zeroチームが、Microsoft Edgeの脆弱性に関する詳しい情報を同チームのページに掲載した。最初の報告から90日が経過すると自動的に詳細を公表するという独自のルールに従い、Microsoftによる脆弱性の修正を待たずに公開に踏み切った。

 Project Zeroによると、今回の脆弱性を悪用した場合、Edgeのセキュリティ機能「Arbitrary Code Guard(ACG)」をかわし、任意のコード実行といった攻撃が可能になるという。ただし、攻撃を成功させるためには、まず別の脆弱性を突く必要があることから、危険度は「中程度」と評価している。

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。