INFONEEDS

iOSのソースコード、一部がGitHubに流出

iOSのソースコード、一部がGitHubに流出

■□記事抜粋□■
 米AppleのiOSのソースコードの一部が流出し、何者かがGitHubで公開していたことが分かった。問題のコードは、その後Appleの要請に基づいて削除されたが、脱獄(Jailbreak)などに利用される可能性も指摘されている。

 Motherboardの2月8日の報道によると、GitHubに掲載されたのは、iOSが起動する際の認証を担う「iBoot」のソースコード。流出したのは「iOS 9」のコードだったが、一部は現在の「iOS 11」にも使われている可能性が高いという。

 これに対してAppleは、著作権者の許可なくソースコードが掲載されたとして、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づいてGitHubに削除を要請した。「iBootのソースコードはAppleが著作権を有しており、オープンソースではない」と訴えている。

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。