INFONEEDS

表示速度が“爆速”なサイト、相次いで登場 その背景は

表示速度が“爆速”なサイト、相次いで登場 その背景は

■□記事抜粋□■
ページの読み込み速度が“爆速”のサイトが相次いで登場している。2017年後半、日経電子版がリニューアルし「表示速度を従来比2倍に」と発表した他、米国のプログラマー向けコミュニティーサイト「dev.to」の表示速度が「速すぎて不安になるレベル」と話題を呼んだ。米Googleによれば「モバイルサイトでは読み込みに3秒以上かかると訪問者の53%が離脱する」といい、表示速度の改善が「長く滞在してもらう」一助になるようだ。

こうしたサイトが利用しているのがCDN(Content Delivery Network)という技術だ。なぜ速くなるのか、CDNを提供しているファストリー(米Fastly日本法人)のチュクロ・ダグ代表取締役、松田未央シニアセールスエグゼクティブに聞いた。

 

CDNの基本的な仕組みは?

ユーザーがインターネットを経由してWebサイトなどコンテンツを見に行くとき、ユーザーとコンテンツの配信元の間には通信回線が存在する。ユーザーはプロバイダー(ISP)を通じてネットにつながり、プロバイダー同士の接続ポイント(インターネットエクスチェンジ、IX)を通り、コンテンツ配信元にたどり着く。このルートは基本的にユーザー側に選択権はなく、経路制御を行うプロトコル(BGP)によって決まる、いわば「1番コストが安い経路を通るようになっている」(松田さん)。

しかしファストリーのCDNの場合、(1)経路の最適化、(2)キャッシュサーバを分散配置――という“合わせ技”で、より早くユーザーにコンテンツが届くようになっているという。

同社はネットワークの各所にサーバを配置し「インターネットの中に自分たちのネットワークを作っていて、高速道路のように使っている」(松田さん)。そのため「コストが安い経路を選ぶ」という方法によらず、「最初にコンテンツを取りに行き、戻ってくるという第一歩のところで速くなる」という。

さらに、ユーザーごとに最も(ネットワーク的に)近い「ポップ」または「エッジ」と呼ばれるサーバに、コンテンツ配信元の画像、CSS、JavaScriptなどを複製しておく(キャッシュ)。そのため、表示速度に影響を与える「重い」画像などを、毎度、配信元に取りに行く必要がなくなるという仕組みだ。

 

実は「使われ始めて20年くらい」 なぜ、いま注目?

実はCDN自体は、目新しい技術ではない。

ダグ氏によれば「(CDNは)使われ始めて20年くらいはたつ」という。当時はISDNやADSLなど、現在に比べるとかなり遅い回線が主流だったため、プロバイダーなど「とにかくユーザーに近いところにキャッシュ用のサーバを置き、効率よく配信する仕組みを作る」という考えだった。

ただ、実現には全世界で何十万台のサーバが必要になり、CDN事業者が管理するのに手間がかかるという課題があった。例えば、コンテンツ配信元が内容を変更した場合、新しいコンテンツが末端のキャッシュサーバに反映されるまで数十分~数日と時間がかかっていた。

ダグ氏は、配信元からすると「自分たちのインフラはリアルタイムにコントロールできても、CDNは制御ができないというギャップが生まれていた」と話す。「配信元が内容を変更する時は、閲覧者が少ない夜中に行うなど、なるべく時間を確保する運用をするしかない、という“諦め”があったのではないか」

しかし現在、ネットのボトルネックは末端のユーザー側ではなく、より上流に近いIX側にあることが多くなった。CDN事業者としては後発だったファストリーは、そうした上流部分にキャッシュサーバを集中的に配置、管理することで、台数を数十に減らし、キャッシュの削除にかかる時間を早めたという。

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。