INFONEEDS

Google、ローカルニュース発信アプリ「Bulletin」のテスト開始

Google、ローカルニュース発信アプリ「Bulletin」のテスト開始

 

■□記事抜粋□■
 米Googleが、誰でもスマートフォンから地元の身近なニュースを発信できるアプリ「Bulletin」の限定パイロットテストを米国の2都市、テネシー州ナッシュビルとカリフォルニア州オークランドで開始した。招待イベントに参加したナッシュビルの地元ブロガー、サミ・コーン氏が1月25日(現地時間)、ブログメディアで報じ、それを米Slateが取り上げて広めた。

 公式サイトによると、「Bulletinは、スマートフォンで写真や動画を撮影し、テキストを添えることでWebに直接記事を投稿できる軽量の無料アプリ。ブログやWebサイトを持つ必要はない」という。「スマートフォンで写真を撮影したりメッセージを送信したりできる人であれば、誰でもBulletinの記事を作れる」。

 つまり、TwitterやFacebookでユーザーが投稿している「○○線の電車が止まった」「○○でフリーマーケットが始まります」というようなローカルな情報を投稿するためのアプリのようだ。公式サイトの記事の例(右図)は、「冬の嵐で川が溢れ、ネルソン道が冠水した」というテキストと写真、「交通」と「事故」のハッシュタグのようなもの、投稿者の名前とプロフィール画像(Googleアカウントのもの)が表示されている。

 GoogleはSlateに対し「これは、人々が地元の超局所的な情報を共有し、それを地元メディアが利用できるようにするものだ」と説明した。コーン氏が公開した招待イベントの動画では、地元メディアはBulletinに投稿された記事を、投稿者の署名入りで採用する可能性があるとGoogleは説明している。

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: ITmedia 

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。