INFONEEDS

2017年の紙の出版物の推定販売金額は前年比6.9%減の13年連続のマイナス

2017年の出版市場発表
紙+電子で4.2%減の1兆5,916億円、紙は6.9%減、電子は16.0%増

■□記事抜粋□■

■紙市場は6.9%減の1兆3,701億円 書籍は3.0%減、雑誌は10.8%減

2017年の紙の出版物(書籍・雑誌合計)の推定販売金額は前年比6.9%減の1兆3,701 億円で13年連続のマイナスとなりました。
内訳は書籍が同3.0%減の7,152億円、雑誌は同10.8%減の6,548億円。書籍は全体では伸び悩みましたが、文芸書や学参、教養新書などは前年を上回る売れ行きで、児童書も前年並みをキープ。『漫画 君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)、『九十歳。何がめでたい』(小学館)、「うんこ漢字ドリル」シリーズ(文響社)など話題書も多数ありました。
雑誌は初の二桁減で、内訳は月刊誌(ムック、コミックス含む)が同11.1%減、週刊誌が同9.2%減となりました。定期誌が約9%減、ムックが約10%減と落ち込んだほか、コミックス単行本が約13%減と大幅に減少しました。
定期誌はほとんどのジャンルがマイナスで、グッズ付録付き女性誌やアイドル・タレントの登場号など単号で売れる傾向が強まっています。コスメグッズ付録をつける『MAQUIA』(集英社)や『美的』(小学館)などが好売れ行きのほか、グッズ付録をつけない雑誌でも『GISELe』(主婦の友社)や『LDK』(晋遊舎)などは好調でした。
コミックスは人気作品の完結や映像化作品の不振、新規ヒット不足などから低迷、電子コミックへの移行も進んでいる模様です。映像化作品では『僕のヒーローアカデミア』(集英社)が年間を通して既刊がよく売れました。書店店頭ではWebアプリ発で単行本化された作品を集めた棚を設けるなど電子から紙へ誘導する動きも広がっています。

 

■電子は16.0%増の2,215億円、コミック17.2%増、書籍12.4%増、雑誌12.0%増

2017年の電子出版市場は前年比16.0%増の2,215億円。内訳は電子コミックが同17.2%増の1,711億円、電子書籍(文字もの)が同12.4%増の290億円、電子雑誌が同12.0%増の214億円となりました。
電子コミックは続伸していますが伸び率は縮小。値引きキャンペーンや無料試し読みなどを各社がこぞって行っているため飽和状態となりつつあります。また違法海賊版サイトの問題が表出しました。

▶▶▶全文は下記リンクより

情報源: 公益社団法人 全国出版協会

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。