INFONEEDS

YouTuber「16万フォロワーだからタダにしてください」ホテル「私のフォロワー数は30万です」 ホテル側、YouTuberを出禁に

YouTuber「16万フォロワーだからタダにしてください」ホテル「私のフォロワー数は30万です」 ホテル側、YouTuberを出禁に

記事抜粋
 「タダで泊めてください」「私のYouTubeチャンネルには8万7000以上の登録者がいる上、Instagramのフォロワー数は7万6000です」――YouTuberのエル・ダービーさんがホテルに送った値段交渉が波紋を呼んでいます。

 発端となったのは、アイルランド・ダブリンにあるホテル「The White Moose Cafe」が公開した、ダービーさんからのメール。当初発信者名を伏せて公開されたメールには「料金なしで施設利用させてもらえたら、お礼にYouTubeやInstagramからアクセスを流します」と、なんだか上から目線な主張が書かれていました。ところがこのホテル、実は30万以上のフォロワー※を誇る、ケンカっ早いことで有名なところでした。

 ホテル側はFacebook上でこのメッセージを公開すると、「今後はYouTuberとブロガーの宿泊を禁止する」と発表。メールの送り主の名前こそ言及しなかったものの、提案された要望に対して怒りを覚えていることは明らかでした。

 そして、このホテルのメッセージ公開を見たダービーさんが反論する形で「暴露された(恥ずかしい)」と題した動画を公開。メールの送り主が誰であったか、自ら表明する結果となりました。

 宿泊予約サイト「トリップアドバイザー」では、このホテルへの嫌がらせコメントが殺到しており、しばらく新規コメントの書き込みができない状態になっています。

 一連の騒動を受けて、ホテル側はFacebookページで「調理場に新しい容器を追加したよ」というコメントを画像付きで公開。容器には「ブロガーたちの涙(TEARS OF BLOGGERS)」と書かれており、ダービーさんが動画で目に涙を浮かべていたことを皮肉っていると考えられます。

 ちなみに「ブロガーたちの涙」の隣に「ヴィーガンの灰(ASHES OF VEGANS)」と書かれた容器も写っていますが、こちらは2015年に宿泊した顧客とのトラブルが関係しています。ヴィーガン(絶対菜食主義者)の顧客が提供された料理に否定的なコメントをしたことにホテル側は立腹。ヴィーガンの来店を今後拒否すると発表し、「ヴィーガンが入ってこようものなら、至近距離で撃ってやる」とコメントしていました。かなり個性が強い運営者であることが想像できます。

 両者の乱暴なやりとりによってこの話題は荒れていますが、場合によってはインフルエンサーが評価されることもあります。ブロガーのルイス・コールさんはTwitterでダービーさんにリプライする形で、「大きいホテルチェーンでは、宿泊をタダにしてくれるだけじゃなくて、宣伝活動として支払いもしてくれるよ」と自身の体験をコメントしています。

 インフルエンサーに対する評価はホテルによってさまざま。今回やりとりが荒れた原因には、依頼の手順が強引すぎた点が挙げられますが、ダービーさんが交渉相手に選んだホテルが強者だったことも無視できないでしょう。

情報源: ねとらぼ

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。