INFONEEDS

Microsoft、1月の月例更新プログラムを公開 56件の脆弱性を修正

Microsoft、1月の月例更新プログラムを公開 56件の脆弱性を修正

記事抜粋
 米Microsoftは1月9日(日本時間10日)、月例セキュリティ更新プログラムを公開し、WindowsやOfficeに存在する深刻な脆弱性に対処した。

 Microsoftによると、更新プログラムの対象となるのはInternet Explorer(IE)、Edge、Windows、Office/Office Services/Web Apps、SQL Server、ChakraCore、NET Framework、.NET Core、ASP.NET Core、Adobe Flashの各製品。

 セキュリティ企業Trend Micro傘下のZero Day Initiative(ZDI)によれば、今回の更新プログラムでは計56件の脆弱性が修正された。このうち16件が最大の深刻度である「緊急」、38件が「重要」に指定されている。

 Officeの脆弱性のうち1件(CVE-2018-0802)については攻撃の発生が報告されている。また、Office 2016 for Macの脆弱性(CVE-2018-0819)は事前に情報が公開されていたが、攻撃の発生は確認されていないという。

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。