INFONEEDS

新仮想通貨「オタクコイン」発行を検討 コンテンツ業界で利用できる共通通貨として構想

新仮想通貨「オタクコイン」発行を検討 コンテンツ業界で利用できる共通通貨として構想

記事抜粋
オタクコインを通じて、アニメ制作に直接参加・支援できる仕組みも検討されています。

アニメや漫画、ゲームといったコンテンツ業界に特化した仮想通貨「オタクコイン」のICO(新規仮想通貨発行)実施に向けた検討を、Tokyo Otaku Modeが開始しました。

現段階では、上記コンテンツ業界で利用できる共通通貨として構想。イベントへの参加費用や物販での支払い、作品やクリエイターへの直接的な支援など、多種多様な支払いへの充当が想定されています。

著名クリエイターにコインのデザインや決済音などの制作を依頼したり、AR(拡張現実)を介して見えるオタクコインをジャンプして入手したりといった、コンテンツと連携したアイデアも。運営が窓口となり、オタクコインを通じてアニメ制作会社に資金提供を行う、「アニメ製作委員会2.0」という仕組み作りも考えられています。

 検討開始とあわせて、同社は「オタクコイン準備委員会」を設立。映画「この世界の片隅に」のプロデューサーを務めた真木太郎氏と、ジャーナリストの数土直志氏をアドバイザーに迎えるほか、一般ユーザーの意見も受け付けて議論を進めるとしています。また、パートナーとして、ICOコンサルティング事業を手掛けるAnyPayが参画。

 現時点ではICO実施法人は未定であり、実施の約束をするものではないとのこと。実施の目標は2018年の春から夏ごろを目指すとしています。

情報源: ねとらぼ

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。