INFONEEDS

「Firefox 57」のセキュリティアップデート公開、深刻な脆弱性に対処

「Firefox 57」のセキュリティアップデート公開、深刻な脆弱性に対処

記事抜粋
脆弱性を悪用されれば、潜在的に悪用可能なクラッシュにつながる恐れがある。影響を受けるのはWindowsのみで、他のOSは影響を受けないという。

Mozilla Foundationは12月7日、Webブラウザ安定版「Firefox 57」のセキュリティアップデートをデスクトップ向けに公開し、深刻な脆弱性に対処した。

Mozillaのセキュリティ情報によると、最新版となる「Firefox 57.0.2」では、WebGLコンテンツに使用されるANGLEグラフィックスライブラリでDirect 3D 9を使って要素の描画や検証を行う際のバッファオーバーフロー問題を修正した。

悪用されれば、潜在的に悪用可能なクラッシュにつながる恐れがあるとされ、重要度はMozillaの4段階評価で最も高い「最高」に分類している。この脆弱性を突く攻撃の影響を受けるのはWindowsのみで、他のOSは影響を受けないという。

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。