INFONEEDS

大阪大学、不正アクセスを受けて個人情報約7万件を漏えい

大阪大学、不正アクセスを受けて個人情報約7万件を漏えい

記事抜粋
大阪大学が不正アクセスを受け、教育用計算機システムの利用者69,549件の情報や、学外関係者の個人情報11558件が漏えいした可能性があると発表した(日経ITpro)。

漏えいした可能性があるのは同学教職員および学生、元教職員、元学生の氏名や所属、メールアドレス。また、学生/元学生については入学年度、学籍番号なども漏えいした可能性がある。これに加えて、漏洩したIDを使った不正ログインによって教職員59名のメールに含まれていた学外・学内関係者の氏名や所属、電話番号、メールアドレス等(学内関係者については人事情報や給与情報も)漏えいした可能性があるようだ。

情報源: エキサイトニュース

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。