INFONEEDS

「Google Play」にマルウェア感染アプリ、古い脆弱性やパーミッションを悪用

「Google Play」にマルウェア感染アプリ、古い脆弱性やパーミッションを悪用

記事抜粋
Tizi感染アプリは、古いバージョンのAndroidやチップセットなどの脆弱性を突いて、管理者権限を獲得していた。

人気SNSアプリから、情報を盗み出すバックドア型マルウェアが、数年前からGoogleの公式アプリストア「Google Play」で配信されていたことが分かり、GoogleがAndroidデバイスから削除する措置を講じたことを明らかにした。

Googleの11月27日のブログによると、このマルウェア「Tizi」は、アフリカのケニアを中心とする複数の国で、標的型攻撃に使われていた。古い脆弱性を突いて管理者権限を取得するアプリが2017年9月に発見され、詳しく調べた結果、複数のアプリにTiziが仕込まれていたことが判明。古いものでは2015年10月から存在していたという。

Tiziの作者はWebサイトやソーシャルメディアを通じて、Google PlayやサードパーティーのWebサイトから、ユーザーに感染アプリをインストールさせていたことも分かった。

管理者権限の獲得には、古いバージョンのAndroidやチップセットなどの脆弱性が利用されていた。脆弱性は全て、2016年4月までにリリースされたセキュリティパッチで修正済み。ただし、悪用された脆弱性が全て修正されている場合でも、高いレベルのパーミッションを通じて、SMSメッセージや通話を不正に操作されるなどの恐れはあるとしている。

Tiziは約1300台のデバイスで感染が確認されたといい、Googleではアプリの安全性をチェックする「Google Playプロテクト」を使って、影響を受けたデバイスでTizi感染アプリを無効化し、ユーザーに通知した。開発者のPlayアカウントは停止された。

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。