INFONEEDS

Microsoftのマルウェアスキャンエンジンに脆弱性、JPCERT/CCが注意喚起

Microsoftのマルウェアスキャンエンジンに脆弱性、JPCERT/CCが注意喚起

記事抜粋
JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7日、Microsoftのマルウェアスキャンエンジン「Microsoft Malware Protection Engine」に、リモートでコードが実行される脆弱性(CVE-2017-11937)が存在するとして注意を喚起した。

Microsoftが米国時間6日に公開した「Microsoft Malware Protection Engine」のセキュリティ更新プログラムには、深刻度が最も高い「緊急」となるセキュリティ更新プログラムが含まれている。この脆弱性を悪用された場合、リモート経由で第三者による任意のコードが実行される恐れがある。

情報源: マイナビニュース

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。