INFONEEDS

仮想通貨を悪用した新たな手口 – トレンドマイクロ2017年Q3セキュリティラウンドアップ

仮想通貨を悪用した新たな手口 – トレンドマイクロ2017年Q3セキュリティラウンドアップ

記事抜粋
トレンドマイクロは、2017年第3四半期のセキュリティラウンドアップを発表した。これは、2017年の7月から9月までの日本国内および海外のセキュリティ動向を分析したものである。このなかから、いくつかの事例を紹介したい。

まず、全体的な傾向であるが、ランサムウェアの猛威は依然として高いレベルで継続している。9月には、2016年にもっとも流行したランサムウェア「LOCKY」の世界的な攻撃が検知された。20万通以上のマルウェアスパムが2度にわたり配信された。その攻撃対象であるが、日本がもっとも多かった。定番のランサムウェアが猛威をふるう一方で、新たなランサムウェアも登場している。2017年第2四半期の110種であったが、第3四半期ではそれを上回る111種の新ファミリーが検知されている。

また、国内でも大きな被害をもたらせたランサムウェア「WannaCry」も、登場した5月以来、3万件もの検知が続いている。その理由について、トレンドマイクロでは、ネットワークワームの活動をあげている。同じようにネットワークワームとして流行したウイルスに「DOWNAD」がある。2008年に登場し、以降、数年間猛威をふるい続けた。「WannaCry」についても、今後、長期間にわたりその活動が継続すると予想される。

情報源: マイナビニュース

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。