INFONEEDS

2017年11月28日 18時46分 公開 niconicoの新インターフェース「nicocas」発表 2014年に3日で終了が発表された幻のサービス

niconicoの新インターフェース「nicocas」発表 2014年に3日で終了が発表された幻のサービス

記事抜粋
ドワンゴはniconicoの新バージョンとなる「niconico(く)」(読み方は「クレッシェンド」)発表会の中で、新しいインターフェ―スとなる「nicocas」(ニコキャス)を発表しました。

「niconico(く)」は4月に開発中であることが明かされた新バージョン。サーバ問題、画質の問題、遅延の問題を解決する他、最先端の独自機能を搭載する予定とされていましたが、発表会冒頭で「画質や重さは完全解決していない」と川上量生さんが謝罪する場面もありました。

「nicocas」はリアルタイム映像合成などの機能を持った「動画・生放送・双方向・映像合成を一体化したインターフェース」と位置付けられたもの。スマホ版とPC版が同時開発され、ログインも不要となるそうです。

「niconico(く)」の目玉に据えられたインターフェースですが、実は同名サービスは2014年12月12日にもリリースされ、その3日後に終了が発表されたことも(関連記事)。当時は「nicocasはドワンゴが自信を持って開発しているサービスではありますが、出すのは早すぎたという結論に達しました。出直してまいりますので、次回のリリースをお楽しみにお待ちください」と終了の経緯を明かしており、今回待望(?)の復活となったようです。

情報源: ねとらぼ

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。