INFONEEDS

FacebookやGoogle、虚偽ニュース対策の「Trust Project」で75以上のメディアと協力

記事抜粋
ロシアによる大統領選挙介入を看過したとして非難されているFacebook、Google、Twitterが、虚偽ニュース対策の一環として、コンテンツの信頼性判断を助けるプロジェクト「Trust Project」に参加し、メディアが記事に付ける「インジケーター」を表示していく。Microsoftも同プロジェクトに参加した。

米Facebookと米Googleは11月16日(現地時間)、虚偽ニュース対策で非営利の「Trust Project」に協力していくと発表した。Trust Projectに参加するメディアがコンテンツに追加する「Trust Indicator」をそれぞれのサービスでの表示に反映させていく計画だ。米MicrosoftのBing、米Twitterも参加を表明している。

Trust Projectは、サンタクララ大学マーククラセンターのシニアディレクターでジャーナリストのサリー・レーマン氏が率いるコンソーシアム。New York Times、Washington Post、Financial Times、Wall Street Journal、英BBC、独Zeit Onlineなど、現在75以上のメディアが参加している。

参加メディアは、コンテンツにTrust Projectが策定する8つのインジケーター(標識)を追加し、読者にそのコンテンツの信頼性を示す。インジケーターは、例えばメディアの資本元や記事を執筆した記者のプロフィール、記事のカテゴリ(ストレートニュースなのか、論評なのか、広告なのか、など)などだ。

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。