INFONEEDS

鳥取砂丘で「ポケモンGO」、経済効果は18億円 目標の4.5倍

鳥取砂丘で「ポケモンGO」、経済効果は18億円 目標の4.5倍

記事抜粋
鳥取砂丘が11月24~26日に開催した「ポケモンGO」とのコラボイベントの経済効果は約18億円。目標の4億円を大きく上回る結果だった。

鳥取砂丘(鳥取市)などで11月24~26日に開催されたスマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)とのコラボレーションイベントの経済効果は約18億円だったと、ポケモンGOを開発・運営する米Nianticが30日に発表した。鳥取県が目標としていた4億円を大きく上回った。

イベント「Pokemon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」は県が主催し、通常は出現しにくい「バリヤード」「アンノーン」など“レアポケモン”が多数出現(関連記事)。Nianticによれば、3日間で約8万9000人が砂丘を訪れ、約1200万匹のポケモンをゲットしたという。

県の試算によれば、経済効果は3日間で約18億円。内訳は観光消費額が推計約13億円、PR効果を示す広告換算額が約5億円だった。Nianticは「主催の鳥取県の尽力により、多くの人々が砂丘の雄大な自然を体験できた」といい、引き続き地方自治体との連携を強めるとしている。

情報源: ITmedia

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。