INFONEEDS

改訂版「Twitterルール」公開 自殺助長や暴力など「何がダメか」をより具体的に説明

記事抜粋
Twitterが10月の予告通り、「Twitterルール」を大幅改定した。自殺助長など、どのような行為が違反として強制措置対象になるのかが従来より明確になった。また、強制措置の内容についても以前よりは具体的になった。

米Twitterは11月3日(現地時間)、予告していたTwitterルールの改定を実施した。新しいTwitterルールでは、どのような行為がルール違反なのか、ルールに反した場合にTwitterがどのような措置を取るのかがより具体的になった。

 旧版では「違反する行為をしているアカウントは、一時的または永久に凍結されることがあります」とのみ説明していた部分が、以下のようになった。凍結の場合は、Twitterは凍結の原因になったコンテンツがどれであるかを通告し、そのコンテンツを削除すれば凍結は解除されるようだ。

情報源: ITmedia NEWS

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。