INFONEEDS

GoogleのChrome OS更新版、WPA2の脆弱性に対処

 
記事抜粋
「Chrome OS 62.0.3202.74」では、通称KRACKと呼ばれるWPA2の脆弱性10件を修正した。

米Googleは10月27日、Chrome OS安定版のアップデートを公開し、Wi-Fiに使われている暗号化技術「WPA2」の脆弱性(通称KRACK)に対処したことを明らかにした。今後数日間かけて、大部分のChrome OSデバイス向けに配信する。

関連記事→「WPA2」の脆弱性情報、セキュリティ機関が公開 パッチ適用を呼び掛け
 Googleによると、Chrome OS最新版となるバージョン62.0.3202.74(プラットフォームバージョン9901.54.0/1)では、KRACK(Key Reinstallation Attacks:鍵再インストール攻撃)と呼ばれる攻撃に利用される恐れのある脆弱性10件を修正した。

情報源: ITmedia NEWS

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。