INFONEEDS

Twitter、同意のないヌードなどのコンテンツ投稿対策の詳細を説明

記事抜粋
Twitterが、ポリシーで禁じている被写体の同意なく撮影されたコンテンツの投稿について、どのようなコンテンツが禁止対象で、どう措置するのかの説明を「ヘルプセンター」に追加した。

米Twitterは10月27日(現地時間)、19日に発表した嫌がらせ対策カレンダー通り、Twitterのポリシーの「Twitterへの個人情報の投稿」に関し、より具体的な禁止事項の説明をヘルプセンターに追加した。

Twitterのポリシーでは従来、「撮影されている人物の同意なく撮影または配布された、私的な画像や動画」の投稿が禁止されている。新たに追加されたヘルプセンターのページでは、禁止される画像や動画(以下「コンテンツ」)の例と、禁止する条件などが説明されている。

禁止されるのは以下のようなコンテンツだ(これだけとは限らない)。

隠しカメラで撮影されたヌード、部分ヌード、および/あるいは性行為
秘密裏に撮影されたとみられる個人の性器、尻、胸などが見えるコンテンツ(本人が知らないうちに撮影した着衣の性的コンテンツ、いわゆる「クリープショット」やスカートの中を撮影した「アップスカート」を含む)
プライベートな状況で、公開されない前提で撮影されたコンテンツ
法律下でプライベートだと扱われるコンテンツ
禁止されているコンテンツのオリジナルを投稿したとTwitterが判断したユーザーのアカウントは凍結(サスペンド)される。

情報源: ITmedia NEWS

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。