INFONEEDS

WPA2の脆弱性「KRACK」対処パッチ、Microsoftは対応済み、AppleのOSとAndroidは数週間中

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”en” dir=”ltr”>Apple has confirmed to me that <a href=”https://twitter.com/hashtag/wpa2?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#wpa2</a> <a href=”https://twitter.com/hashtag/KRACK?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#KRACK</a> exploit has already been patched in iOS, tvOS, watchOS, macOS betas. <br><br>Deeper dive to follow.</p>&mdash; Rene Ritchie (@reneritchie) <a href=”https://twitter.com/reneritchie/status/919988216501030914?ref_src=twsrc%5Etfw”>2017年10月16日</a></blockquote>
<script async src=”//platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

 

記事抜粋

Wi-Fiの暗号化技術「WPA2」に悪用可能な脆弱性が見つかった問題について、米Microsoftは10月10日の月例セキュリティ更新で対処したと語った。米The Vergeが10月16日(現地時間)に報じた。

このセキュリティ更新では、「悪意あるソフトウェア削除ツール(MSRT)」がアップデートされた。

MicrosoftはThe Vergeに送った声明文で「このUpdateを適用した顧客は保護される」とし、他のプラットフォームユーザーの安全のため「他社が同様のアップデートを開発・提供するまで詳細の説明は控える」と語った。

米Appleは米iMoreのアナリスト、ルネ・リッチー氏に対し、iOS、tvOS、watchOS、macOSのβ版で対処済みだと知らせた。正式版になるのは数週間後の見込みだ。

 

 

情報源: ITmedia NEWS

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。