INFONEEDS

「WPA2」の脆弱性情報、セキュリティ機関が公開 パッチ適用を呼び掛け

記事抜粋
影響はAndroidやLinux、Windowsなど広範に及ぶことから、修正パッチが公開され次第、適用するようユーザーに呼び掛けている。

Wi-Fiで使われている暗号化技術「WPA2」(Wi-Fi Protected Access II)に脆弱性が報告された問題で、米セキュリティ機関のCERT/CCは10月16日、セキュリティ情報を公開した。影響はAndroidやLinux、Windowsなど広範に及ぶことから、修正パッチが公開され次第、適用するようユーザーに呼び掛けている。

情報源: ITmedia NEWS

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。