INFONEEDS

iPhone X生産は難航、争奪戦はさらに激化? 原因は「ロミオとジュリエット」

今年10月27日に予約が開始され、11月3日に発売予定のiPhone Xアップルがその生産量を4000万台から3600万台へと削減するとのアナリストの分析がNikkei Asian Review により報道されています。

その原因は顔認証機能「Face ID」に使用される3次元センサー。その中でもドットプロジェクター用モジュールであり、アップル社内での通称「ロミオ(Romeo)」生産の難航であるとのことです。この分析は、台湾に拠点を置くYuanta Investment ConsultingのアナリストJeff Pu氏によるもの。Pu氏は「iPhone Xの生産事情に詳しいハイテク企業の匿名の重役」から、メーカーが「ロミオ」の生産に苦労してるとのコメントを確認したとされています。

 

情報源: iPhone X生産は難航、争奪戦はさらに激化? 原因は「ロミオとジュリエット」 – エキサイトニュース(1/2)

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。