INFONEEDS

アマゾンの「よく一緒に購入」で爆弾材料–サイト見直しへ – CNET Japan

インターネット上のサービスは日々便利に成っていきますが、そんなサービスの弊害もあります協調フィルタと呼ばれるアルゴリズムによって検索結果に付帯する情報を提示してくれるネットショップのサービスはよく見かけるかと思います。機会的に選別されるその情報は、常に健全であったりただ単純に便利というものでもないようです。

その一例として上げられているのが本記事で、amazonでの買い物をすると「よく一緒に購入されている商品」の欄にその商品を使った爆弾製造に必要な素材の組み合わせを進める状態になっていたという。

amazonの担当者は「最近の諸々の出来事を受けて、われわれは現在、これら全ての製品が適切に紹介されるようにするため、当社のウェブサイトを見直しているところだ」と言っているが、結局最終的には「人の目」によっての監視が必要ということなのだろう。

もちろんこういった現象はamazonに限ったことではない。たのネット通販サイトでも、「バットと覆面」や「混ぜてはいけない薬品(洗剤)」の組み合わせなどが普通に出てくる。間違って購入したい観覧したりすれば、その経歴は情報として蓄積されることも有る。ネットの情報には思わぬところに危険が潜んでいるものだ。

 

 

 

情報源: アマゾンの「よく一緒に購入」で爆弾材料–サイト見直しへ – CNET Japan

Sponsor

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

相互RSS

フォローする

アーカイブ

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。